金魚運動


『金魚運動』の効果として、次の3つが挙げられます。


(1)背骨まわりの筋肉のこりをほぐし、うまくすれば背骨も、矯正できる。


(2)筋肉のこりがほぐれることにより、血行が良くなる。


(3)腹部まわりのシェイプアップが、期待できる。


『金魚運動』は、器具などを使わずとも、出来る方法があります。

なんたって、器具を買えば お金が かかります。

なんと!DX版の器具だと、もっとお金が かかります。

お金をかけなくとも、同じ運動が出来るのです。メーカーさんゴメンなさい。


テレビの下に敷いて、テレビの向きを、変えることの出来る、回転盤の上に、

( 無ければ座布団でOK!)背中が乗るように相手を寝かせます。

仰向けに寝た相手の、両足首を持って、左右に大きく振ってやります。

相手が小さな子供なら、そんなに疲れませんが、大きな大人だと当然疲れます。

力こぶの上腕二頭筋が、鍛えられます。

小さな子供は、背骨も各関節も、出来上がっていませんので、決して乱暴に振ってはいけません。

始めは大きく、ゆっくり、ゆっくり…。

少しずつ早くして行きます。速さも加減してください。

大人でも、ヘルニアなど持病のある人は、注意が必要です。

大人だったら、他人に振ってもらうより、自分一人で、加減をしながらする方が良いでしょう。

仰向けに寝て、手足をブラブラ振ったり、腰を左右に振るのです。

正座や、椅子にすわって、クネクネ上体を左右に振ったり、腰を前後左右に振る方法もあります。

立ってやる運動なら、「フラダンス」よろしくセクシーに、腰を前後左右に振るのもグッド!

鏡に映った、「腰を振るセクシーな我が姿」に、皆さんは、どんなため息

もらすのでしょうか…?!







はいはい

赤ちゃんが、寝返りがうてるようになると、もう早くも『はいはい』に、期待してしまいますよね。

『這い這い』前向きに進むイメージで良いですね。まさに High&High!

うちの子も、よく『はいはい』してました。

まわりの、同じくらいの月齢の子たちが、もう『たっち』(立つこと)に移行していても、

やっぱり楽なのか『はいはい』ばかり…。

『やだ!うちの子、ちょっと遅いんじゃな〜い?!』

心配するのは親の常。「這えば立て」の親心。でも、心配することないんですよね。

ある日、とつぜん つたい立ち(何かにつかまって立つこと)しちゃうんです。

子供って、昨日出来なかったことが、今日出来てる。すごいです!

アパパは、昨日出来たことが、今日は出来ません!

ところで、この『はいはい』、じつは『たっち』に必要な、最低限の筋力を、つけるための運動なのです。

そう、筋トレ!

そして、仰向けで、『手足バタバタ』運動やってた頃は、『はいはい』するための、筋トレだったのです。

うちの子も、手足と背筋が強くなりました。

すごいスピードで『はいはい』しながら、両足両膝が同時に、左右移動してました。

スキーのターンのように…(^^;)

じつは、この『はいはい』、大人にも無理のない、とーっても良い運動なのです。

『金魚運動』と同じ効果があり、手足と身体(体幹部)のコンビネーションとバランスまで、鍛えます。

えっ?『最初からそう言え』ですって?

はは〜ん!例の『フラダンス』をやってしまったんですね!

腰の、前後左右運動が、はずかしかったんですね!

それなら、4つ足だった頃、太古の昔を思い出し(そんな頃生きてねぇって!)

自然体で、野生的な、『はいはい』運動に変更してはいかがでしょう。

こちらも、なかなかセクシーだと思いますよ。

もちろん、運動するなら鏡の前でね!♪




inserted by FC2 system