『 夏ばて冷房病 』


  夏になると、職場や自宅でもエアコンをかける方が多いと思いますが、
  この冷房が曲者です!


  僕もPCをつけている時は、仕方なくエアコンの風をPCに当てますが、
  そうでない時はエアコンはつけません。


  手足が冷たくなり痛くなってくるからなんです。
  そして、体温そのものが下がるからなんです。


  医師の齋藤真嗣さんは、著書でこう謳っています。
 『体温が1度低下すると免疫力が30パーセント低下する』って。


  最近は、子供でも低体温が問題視されてきましたが、今後も次々と
  新しく登場する感染症にやられない様に、体温を下げないようにしましょう。


  まあ、この暑い夏、『健康には汗をかいた方がいいよ』なんて言ったって、
  わざわざ「大汗かこう〜♪」なんて人は居ないと思いますね。


  とくに、外で作業されている方や、外回りの営業の方、お疲れ様です!!
  早く、冷房のきいた部屋で、冷たい飲み物なんぞ、飲みたいですよね!

  ただし、これも『過ぎたるは毒』 です。


  よく、『外と部屋の温度差は、5度以内にしましょう』 なんて言ってますが、
  これ本当! 人間の身体って、急激な温度変化には体温調節できないのです。


  「それじゃ気温40度で、室温35度かよ! 変わんないじゃないの?!」
  エアコン効いてる部屋なら、5度の温度差は かなり違いますよ。


  汗かいた皮膚に、直接エアコンの冷風を当てたりすると、蒸発する汗が
  体温を奪って行きますから、皮膚表面の温度が急激に下がります。


  この暑い外と、冷えた部屋の交互の出入り、繰り返し…
  身体を調節する 自律神経に 負担がかかり、体調を崩す原因となります。


  もちろん、外から冷えた部屋に、入って来た人ばかりじゃありません。

  温度の変化はなくとも、気温23度の部屋に 1時間居るだけで皮膚表面
  の温度は10度も低下します。(もちろんエアコンきいてる部屋での話)

  すると、血管が収縮したままの状態となり、『冷房病』になります。



  【症 状】 冷え症、肩こり、頭痛、食欲不振

  【対 策】 1.オフィスなどではカーディガンやひざ掛け、レッグウォーマーなどで
          体温を逃がさない。

        2.なるべく椅子から立ったり、伸びをしたりして身体を動かす。

        3.冷気は下、暖気は上へ行く性質なので、扇風機で上方の空気をかきまわす。
          (室温26〜28度位にして、扇風機を使うと省エネにもなります)

        4. 汗が流れるウォーキング程度の運動は必要。

 
  【ケ ア】 1.ぬるま湯の風呂にゆっくりと浸かる。“半身浴”でよい。
          シャワーの場合は、洗い桶にお湯を入れて足湯もする。

        2.出てから必ずストレッチして血行を良くする。

        3.手足の指を動かしたり、ふくらはぎ を揉みましょう。
          これだって、テレビ見ながらでも出来るでしょう!
      

  【食事・睡眠】

        1.アイスクリームやジュースなどは甘くて後を引く。
          肥満の原因にもなるので、なるべく暖かいお茶類にする。

        2.冷たい飲み物が欲しい時は、なるべく水かお茶類にする。

        3.夏野菜を食べる。
          夏野菜は、カラダに害というほどはカラダを冷やしません!


  夏野菜には、トマト、ナス、きゅうり、枝豆、おくら、とうもろこし、ピーマン、
  カボチャなどがあります。

  低血圧は血流の圧力が弱いので、冷え性とは直接関係ありませんが、
  これらの方法は、どちらにも有効です☆


  あと、僕のお薦めは「梅干とお茶」ですね。
  えっ! お爺さんっぽい? ばれた?! (^^;)>


             
   





『毒虫に刺されたら』

  



  この夏、レジャーで山へ行かれる方も、いらっしゃる事と思います。

  また 最近は、自宅でのガーデニングをされる方も 増えてきました。

  そこで、嫌でも “虫” と遭遇してしまったりします。


  アパパも 子供の頃は、よく “虫捕り” なんぞ しておりましたけど、大人

  になると偏見が強くなり、「よく、虫なんか捕まえていたよな!」なんて

  思ってしまうのであります。
  
  しかし、今度は自分の子供が “虫捕り” に夢中になっております。

  当然 アパパも 、“虫捕り” に 駆り出されているのであります。 トホホ…


  
  ここで 気を付けたいのが 『毒虫』です。


 =================================

 
  実は この間、アパパの子供も 「ハチ」 に 左足首を刺され、かなり

  腫れ上がってしまいました。

  「すずめバチ」や「あしながバチ」で無くて良かったのですが、話の内容

  から推測すると、「つちバチ」か「あなバチ」だったようです。


  ※ 知らない人は、図鑑でしらべてね!って、見てもしかたないかっ!!


  
  【ハチに刺されたら】


  1.患部(刺された患部)から、毒を血液と一緒にしぼり出す。

    または、口をつけて吸いだす。

   (吸い出したら、それは飲まないで 吐き出してくださいね。)


  2.せっけんで、患部をよく洗ってください。

  3.水や氷で、患部を冷やして、腫れがひく かどうか20分位、様子を

    見てください。

  4.アレルギーの無い方なら、市販の虫さされの薬を塗ってもOKです。



  ※ 「みつバチ」は、アパパも刺されたのですが、皮膚の中に “針”を残

    しますので、毛抜きなどで しっかり抜き取ってください。

    「みつバチ」の “針”は、それだけで勝手にモゾモゾ動いて、皮膚の

    奥深くへもぐって行くからです。

  
  ※ 「ムカデ」に咬まれた場合も、「ハチ」に刺された時と、同じ処置です。

    ただ、毒が強いので命にかかわる事もあります。

    「ヘビ」に咬まれた場合も 同じですが、咬まれた患部の心臓に近い方

    の関節部分を、圧迫する程度に縛って、すぐ外科医に診せてください。

   
  ※ 「すずめバチ」や「あしながバチ」に刺された時も、医師に診せましょう。

  
=================================

  
  葉っぱの裏に 隠れていて、なかなか見えない 「毛虫」 も要注意!

  木に近づくと、下に小さな黒いウンコが、たくさん落ちていると いますよ!

  「毛虫」に刺される被害は、5月〜6月、8月〜9月が多いそうです。



  アパパは以前、家のカキの木の下で、突然 背中に鋭い痛みを感じました。

  『背中が痛いんだけど、見てくれない?!何かが刺さってないか?』

  思わず奥さんに聞きました。

  『どうしたの?! 何箇所か赤く腫れてるよ!』

  これは、「イラガ」の幼虫の しわざ でした。



  「イラガ」(イラガ、アオイラガ)の幼虫は、カキ、ナシ、クリ、クヌギなどに

  つきます。

  毒針に刺されると、かなり痛いです。



  「ドクガ」(ドクガ、チャドクガ)の幼虫は、ツバキやサザンカ、ツツジなどに

  つきます。

  毛全体が毒針なので、知らないうちに触れると、皮膚に赤いボツボツが

  出てきて痒くなります。


  
  ※ 知らない人は、図鑑でしらべてね! (だから見ないって!!)


  
  【毛虫に刺されたら】


  1.せっけんで、患部をよく洗ってください。

  2.水や氷で、患部を冷やしてください。

  3.アレルギーの無い方なら、市販の虫さされの薬を塗ってもOKです。



  ※ 「ドクガ」の幼虫の毛は、抜けやすい細かい毛なので、木の上の方

    からパラパラ落ちてくる事もあります。 注意してください!

    また、細かい毛は皮膚や服に付着しやすいので、毒針が残る可能性

    があります。

    粘着テープで、ペタペタやって綺麗に取ってから、水洗いする事を

    おすすめします。


=================================
 
 
  アパパの母も、ガーデニングする時は 長袖を着て、携帯 蚊取り線香を

  近くに置いて作業するそうです。

  すると『不思議な程 蚊に刺されない』と 言っていました。

  もちろん、虫よけスプレー をやれば、もっと効果はありますよね!


  蚊、あぶ、ぶよ等の吸血虫は、“体温”と 皮膚から出す “二酸化炭素”

  を感知して集まってくるそうです。 すごいセンサーですね!

  お金を感知して集まる人間も、きっとすごいセンサー持ってますよ!!

  アパパも欲しいなぁ…

           
   


 
inserted by FC2 system